MENU

講演募集・発表申し込み

講演募集要項

※ヒューマンインタフェースシンポジウム2022は対面開催となりました。ただし、下記の(3)討論発表のみ、オンラインでの発表を受け付けます。(1)デモ対話発表、(2)ポスター対話発表については、発表会場での対面のみでありオンラインでは発表いただけません。ご注意ください。
※新型コロナウィルスの蔓延状況によっては上記の開催形態を変更せざるを得ない場合があります。あらかじめご了解ください。

●研究発表

8月31日・9月1日・9月2日

下記の(1)デモ対話発表、(2)ポスター対話発表、(3)討論発表の3つの発表方法から選択していただけます。(3)討論発表は口頭発表後の討論が中心となります。いずれの場合も論文を提出していただき、論文集に掲載します。

(1)デモ対話発表
(ポスター掲示+持込機材によるデモ/ショットガンセッション)

対話形式による研究成果や経験の報告。ポスターと機材を持ち込んでデモンストレーションしていただけます。提案する新しいインタフェース等を実際に触っていただきながら発表することができます。 会場での対面発表です。

(2) ポスター対話発表(ポスター掲示/ショットガンセッション)

対話形式による研究成果や経験の報告。ポスターを掲示して参加者とFace-to-faceで発表・議論していただけます。 会場での対面発表です。

(3) 討論発表(口頭発表15分+討論15分)

新しい研究成果についての口頭発表とその討論。特に、研究の結果について、フロアとの活発な議論をご希望の方にお勧めします。 会場での対面発表、またはオンライン発表をお選びいただけます。

なお、各発表では対面での質疑・討論だけでなく、オンラインツールを使ったオンライン討論も利用いただけます。オンラインでの活発な議論とその継続を期待いたします。

ご注意

  • 昨年度よりデモ対話発表・ポスター対話発表を含めたすべての発表者が学術奨励賞の対象となっています(ただし、35歳以下の発表者のみ)。奮ってお申し込みください。
  • 発表枠に限りがありますので、申込時に選択いただいた希望発表方法とは異なる発表方法に変更いただく場合がございます。あらかじめ、ご了解ください。
  • デモ対話発表・ポスター対話発表の直前に、各研究内容をスライド1枚、30秒で紹介するショットガンセッションを開催しますので、原稿提出時にスライド1枚も提出してください。
  • 公知日は8月24日(水)の予定です。

発表論文の論文誌への推薦

本シンポジウムでは「推薦論文」の制度を設けております。プログラム委員会の審査により「推薦論文」に選ばれた場合、本学会論文誌への投稿を推薦されるとともに、著者と題目をシンポジウムのホームページにて公表します。これにもとづいて推薦論文が本学会論文誌に投稿された場合には推薦論文担当者が論文の査読を担当いたします。


発表申し込み

  • 研究発表申し込み締め切り   2022年6月13日(月) 24:00 (延長されました) 2022年6月6日(月) 24:00
  • 研究発表論文提出締め切り   2022年7月4日(月) 24:00

※ご注意
シンポジウム原稿提出の際には参加費のお支払いと参加登録が必要です。提出前に参加費のお支払いおよび参加登録をお済ませください。参加費のお支払いおよび参加登録なしで原稿を提出しても発表できません。ただし、発表申し込み時には参加登録は必要ありません。


提出物

論文提出時(2022年7月4日(月)まで)には、下記のものをご提出いただきます。事前にご準備ください。

(1) 発表原稿PDFファイル(50MBまで)
 デモ対話発表・ポスター対話発表:2~8ページ / 討論発表:4~8ページ
(2) 概要集に掲載する図や写真
 縦3cm×横4cm程度で掲載します。
(3) 概要集に掲載する研究概要
 200字程度。
(4) 論文キーワード
 論文集インデックスに使用します ※最大5つ
(5) ショットガンセッション用スライドPDFファイル(1枚/5MBまで)
 デモ対話発表・ポスター対話発表のみ必要。討論発表の場合は不要。


シンポジウム講演参加費

学会員・協賛学会員(学生会員の発表を含む)  13,000円
一般(学生の発表を含む)  21,000円

※論文提出時には、事前の参加登録が必要です。参加登録時には、上記参加費をお支払いください。
※複数件発表の場合は、件数分の参加費が必要です。


シンポジウム発表申込

発表申し込みは終了しました。

PAGETOP
Copyright © ヒューマンインタフェース学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.