MENU

シンポジウム概要

2022年8月31日(水)-9月2日(金)
関西大学

大会長挨拶

interFACE

皆様もご存知の通り、ヒューマンインタフェース学会では、コロナウイルス感染拡大の影響により、一昨年、昨年と2年間、オンラインでのシンポジウム開催となりました。このたび、私は大会長という大役を仰せつかりました。私はまず、大会長として今大会はぜひとも参加者の皆様方と直接対面の形式でのシンポジウムを開催したい、と表明しました。そこで、今年度のシンポジウムのテーマを「interFACE」としました。皆さんと直接Face to FaceでHIに関わる研究を議論するという表現をイメージしております。

社会はこの2年間で大きく変化しました。これは全く予想だにしなかった変化でしたが、次第に人類は適応しつつも、ストレスを抱えつつ日々を過ごしています。HIはこの社会変化にどのような貢献ができるのでしょうか。HIはいろいろな指向性を持つ研究者が集まった学問領域です。きっとHI領域から変化した社会に向けての新たな貢献の手段が見いだせるのではないかと考えています。特別講演はBiPSEE社の代表取締役である松村雅代氏に依頼しました。医師でもある松村氏はデジタル治療薬研究の第一人者であり、VRと医学の融合からデジタル技術が医療にどのように貢献できるかという課題に取り組んでおられます。HI領域のアウトリーチの1つとしてデジタル治療という概念が、現在の社会変化への貢献につながるのではないかと、松村氏の講演に期待しています。

開催地は大阪です。関西での開催は2019年以来となります。また、本学、関西大学で行うシンポジウムはHI1997以来、25年ぶりとなります。もちろん、現段階では、100%対面形式として、「大阪にお越しください!」と言い切れない歯がゆさがあります。ですが、そうなることを祈りつつ、実行委員会一同準備を進めてまいります。ぜひ皆様とこのヒューマンインタフェース学会の最も大きなイベントを、大阪まで足を運んでいただき、そして、interFACEでHIの今後に向けた議論を活発に進めていただくことになれば幸いです。

         大会長 小谷 賢太郎(関西大学)

PAGETOP
Copyright © ヒューマンインタフェース学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.