プログラム  電子閲覧サービス

主催ヒューマンインタフェース学会 ユーザエクスペリエンス及びサービスデザイン専門研究委員会(SIG-UXSD)およびコミュニケーション支援専門研究委員会(SIG-CE)
開催日2020年11月17日(火)
会場オンサイト/オンライン ハイブリット開催(予定)
・オンサイト会場:金沢工大 虎ノ門キャンパス 
 [地図 https://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/map.htm]
・オンライン会場:Zoom(Web会議サービス)

※オンサイト/オンラインともにZoomでの発表を予定しています.
※現段階ではハイブリット開催を予定していますが、今後の状況を鑑み会場を絞る可能性があります
内容HI学会は第179回研究会を「ニューノーマルを見据えたコミュニケーションデザインおよび一般」と題して開催します.本研究会は、ユーザエクスペリエンス及びサービスデザイン専門研究委員会(SIG-UXSD)とコミュニケーション支援専門研究委員会(SIG-CE)による共催です.

コロナ禍の影響で、人々のコミュニケーションスタイルは大きく様変わりしています。今までの日常は日常ではなくなり,新しい日常スタイルを確立していくことが否応なく求められています.SIG-UXSD・SIG-CEでは,サービスデザインやコミュニケーション支援の研究における知見を活かし「コミュニケーションにおけるニューノーマルをデザインしていくこと」にフォーカスを当てた発表を募集いたします.

なお、テーマに直結する発表はもとより,両専門研究委員会において従来から議論されてきたユーザ体験(UX)の向上に向けた社会学的・心理学的アプローチやUXをもとにしたサービスデザインの実践,コミュニケーションの認知的な特性の解明・コミュニケーションを支援するシステムの開発・評価またはその方法論などに関する最新の成果や取り組みも互いに紹介し合い,参加者間の議論を通じて「ニューノーマルを見据えたコミュニケーションデザイン」について考えていきたいと思います.

皆様のご参加をお待ちしています.
招待講演葛岡 英明 先生(東京大学 教授)
申し込み方法「講演申込方法のご案内」のページ https://jp.his.gr.jp/research-meetings/meeting-application/をご参照下さい.受理された講演には申込締切後,1週間程度で原稿作成に関するご連絡をいたします.
原稿のページ数8ページ以下
(実践報告等もあるかと思いますので,書式が合っていれば最低2ページのabstract的な内容でも構いません.著作権は学会に帰属しますが,著作者本人が使用することは妨げません.学会の著作権規定についてはhttps://jp.his.gr.jp/guide/rules/copy-right-regulation/を参照ください.)
問い合わせ先SIG-CE:青山学院大学 村田和義(kmurata@si.aoyama.ac.jp)
SIG-UXSD:NTTデータ 宇津木希(Nozomi.Utsugi@nttdata.com)
参加費オンラインでの聴講参加は無料です.参加者は最大100名を予定しています.
予稿集については,研究報告集年間購読登録者は無料です.
購読登録されていない方は、有償(1,000円)にて予稿集を購入いただけます.
聴講参加と予稿集の購入については、後日に本ページにて周知いたします.
申込締切2020年9月17日(木)
原稿締切2020年10月16日(金)

プログラム

準備中