MENU

役員一覧

評議員

任期 2025年通常総会の日まで

安在 絵美(奈良女子大学)
伊賀 聡一郎(エクスパーク)
伊藤 誠(筑波大学)
井野 秀一(大阪大学 )
岡田 美智男(豊橋技術科学大学)
角 康之(公立はこだて未来大学)
梶本 裕之(電気通信大学 )
関根 千佳(ユーディット)
岩田 洋夫(武蔵野大学)
才脇 直樹(奈良女子大学)
細野 美奈子(産業技術総合研究所)
三浦 直樹(東北工業大学)
山中 仁寛(甲南大学)
寺内 美奈(職業能力開発総合大学校)
小林 郁央(オーバルプラン)
水戸部 一孝(秋田大学 )
西山 敏樹(東京都市大学)
西田 正吾(大阪大学)
川上 浩司(京都先端科学大学)
泉 朋子(立命館大学)
倉本 到(福知山公立大学)
村上 晴美(大阪公立大学 )
大島 直樹(愛知産業大学)
仲谷 善雄(立命館)
渡辺 哲也(新潟大学)
渡辺 富夫(岡山県立大学)
土方 嘉徳(関西学院大学)
板井 志郎(広島工業大学)
百瀬 桂子(早稲田大学)
布川 清彦(東京国際大学)
福住 伸一(理化学研究所)
福森 聡(香川大学)
北村 尊義(香川大学)
和井田 理科(JVCケンウッド・デザイン)
和田 親宗(九州工業大学 )
坂本 大介(北海道大学)
佐藤 宗彦(mui Lab)
遠山 紗矢香(静岡大学)
水本 徹(島津製作所)
中田 学(パナソニックホールディングス)
橋崎 将典(オムロン)
畠山 洋祐(インタラクションイニシアティブ)
福井 秀利(IDEC)

任期 2026年通常総会の日まで

伊藤 京子(京都橘大学)
井上 全人(明治大学)
下田 宏(京都大学 )
亀山 研一(帝人)
吉野 孝(和歌山大学)
橋口 哲志(立命館大学)
黒須 正明(放送大学)
黒田 嘉宏(筑波大学)
坂本 隆(産業技術総合研究所)
阪田 真己子(同志社大学)
山口 俊憲(山形県立産業技術短期大学校)
山本 景子(東京電機大学)
山本 倫也(関西学院大学)
志築 文太郎(筑波大学)
渋谷 雄(京都工芸繊維大学)
小森 政嗣(大阪電気通信大学)
小谷 賢太郎(関西大学)
小野 哲雄(北海道大学 )
松田 昌史(NTT)
常盤 拓司(慶應義塾大学 )
新垣 紀子(成城大学)
神田 智子(大阪工業大学)
杉浦 裕太(慶應義塾大学)
瀬島 吉裕(関西大学)
成瀬 康(情報通信研究機構)
浅野 陽子(NTTテクノクロス)
竹村 治雄(大阪大学)
竹内 勇剛(静岡大学)
中谷 桃子(東京工業大学 工学院)
長松 隆(神戸大学 )
佃 五月(シャープ)
田中 久弥(工学院大学)
田辺 健(産業技術総合研究所)
土井 幸輝(同志社女子大学)
土井 美和子(情報通信研究機構)
棟方 渚(京都産業大学)
藤田 欣也(東京農工大学 )
武藤 剛(文教大学)
福本 雅朗(Microsoft Corporation)
福留 五郎(とめ研究所)
米澤 朋子(関西大学)
堀口 由貴男(関西大学)
鳴海 拓志(東京大学 )
柳澤 秀吉(東京大学 )
和氣 早苗(同志社女子大学)
椹木 哲夫(京都大学)
杉田 典大(東北大学)
下郷 雅子(リコー)
村田 和義(青山学院大学)
田中 宏(富士通)
中洲 俊信(東芝)

 

 

理事・監事の紹介

会長 木村 朝子
1996年大阪大学基礎工学部システム工学科卒業、1998年同大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。博士(工学)。2000年大阪大学助手。2001年Mayo Clinic Special Project Associate。2003年立命館大学理工学部助教授、2004年同大学情報理工学部助教授、2007年から独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究員。2009年立命館大学情報理工学部准教授、2012年同教授、現在に至る。実世界指向インタフェース、マルチモーダルインタフェース、複合現実感に関する研究・教育に従事。


副会長 石井 裕剛
1996年京都大学工学部電気工学第二学科卒業、1998年同大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了、2000年同大学大学院エネルギー科学研究科博士課程修了(期間短縮)。2000年4月同大学大学院エネルギー科学研究科助手、現在同准教授。2004年-2005年ノルウェーエネルギー技術研究所客員研究員。複合現実感、知的生産性、環境配慮行動等の教育・研究に従事。京都大学博士(エネルギー科学)。


副会長 石井 裕(選挙管理)
1998年岡山県立大学情報工学部卒業。2003年同大学院情報系工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。同年科学技術振興事業団戦略的創造研究推進事業(CREST)研究員。同年神戸大学学術情報基盤センター助手等を経て、2011年岡山県立大学情報工学部情報システム工学科助教、2013年同准教授、2023年同教授。主にヒューマンインタラクション・アバタコミュニケーションの研究に従事。情報処理学会、日本認知科学会、日本人間工学会、計測自動制御学会、電子情報通信学会、日本機械学会各会員。


理事 狩川 大輔(総務)
2000年東北大学工学部量子エネルギー工学科卒業。2006年東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻博士課程後期3年の課程修了。同年東北大学未来科学技術共同研究センター産学官連携研究員。2008年東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻助教、2012年独立行政法人 電子航法研究所(当時)研究員などを経て、2016年4月より東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻准教授、現在に至る。航空システムを中心とした大規模複雑システムの安全、Safety-IIとレジリエンスエンジニアリング、ヒューマンインタフェース設計と評価に関する研究に従事。日本人間工学会、日本原子力学会、日本プラント・ヒューマンファクター学会などの会員。博士(工学)。


理事 小林 真(総務 兼 選挙管理)
1993年筑波大学第三学群基礎工学類卒業。1995年同大学大学院工学研究科修了、1996年同科中途退学。同年筑波技術短期大学情報システム学科助手、2003年同講師、2004年〜2005年カールスルーエ大学客員研究員、2005年筑波技術大学保健科学部情報システム学科助教授、2007年同准教授、2022年より同教授、現在に至る。視覚障害者や聴覚障害者を対象とした支援機器・エンターテインメント・コミュニケーション・教育に関する研究に従事。電子情報通信学会、バイオメカニズム学会会員。博士(工学)。


理事 岡橋 さやか(将来構想)
2014年神戸大学大学院システム情報学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。2004年より作業療法士として病院勤務を経て、2011年名古屋大学医学部助教、2012年京都大学大学院医学研究科助教、2022年国立長寿医療研究センター老年学・社会科学研究センター主任研究員、現在に至る。バーチャルリアリティを用いた認知リハビリテーション研究、要介護者と家族のペア参加型ケアプログラム開発等に従事。本学会評議員、論文誌編集委員を歴任。国際教養大学連携研究員(兼任)。


理事 葛岡 英明(将来構想)
1992年東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。筑波大学構造工学系を経て、現在、東京大学大学院情報理工学系研究科教授。物理的な共同作業を支援する遠隔コミュニケーションシステムの開発、人とロボットのインタラクション、バーチャルリアリティによる人間拡張の研究に従事。ACM CSCWステアリングコミッティー、ACM/IEEE HRIステアリングコミッティー、画像電子学会理事、日本バーチャルリアリティ学会理事、本学会理事などを歴任。


理事 近井 学(財務)
2009年鶴岡工業高等専門学校専攻科課程修了。2014年長岡技術科学大学大学院生物統合工学専攻博士課程修了。博士(工学)。2014年(独)産業技術総合研究所ヒューマンライフテクノロジー研究部門・特別研究員,2015年(国研)産業技術総合研究所人間情報研究部門・研究員、現在、(国研)産業技術総合研究所人間情報インタラクション研究部門・主任研究員.高齢者や障害がある方に対しての支援技術に関する研究、ヒトとヒトとのインタラクションの計測・評価技術に関する研究などに従事。


理事 大槻 麻衣(財務)
2011年、立命館大学大学院理工学研究科博士後期課程修了。博士(工学)。2011年4月より2014年3月まで同大学総合理工学研究機構ポストドクトラルフェロー。2014年4月より6月まで同 プロジェクト研究員。2012年3月から2013年3月までUniversity of Toronto, Joint training visiting Post-Doctoral student。2014年7月より2019年3月まで筑波大学システム情報系助教、2019年4月より国立研究開発法人産業技術総合研究所人間拡張研究センター主任研究員。xR、3次元インタフェース、遠隔コミュニケーションの研究に従事。


理事 伊藤 雄一(会誌)
1998年大阪大学工学部電子工学科卒業。2000年大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻博士前期課程修了。2002年大阪大学大学院工学研究科電子情報エネルギー工学専攻博士前後期課程退学。同年大阪大学大学院工学研究科助手。2008年大阪大学クリエイティブユニット(旧ウェブデザインユニット)准教授、大学院情報科学研究科准教授兼務。2021年青山学院大学理工学部教授、現在に至る。博士(情報科学)。デバイスメディア指向ユーザインタフェース、無意識コンピューティングに関する研究に従事。日本バーチャルリアリティ学会理事(2017-2020)、東北大学客員准教授(2016-2017)、立命館大学客員教授(2021-)、大阪大学招へい教授(2021-)、文部科学省私立大学研究ブランディング事業委員(2016-2018)、大阪商工会議所デジタル化推進委員(2020-)。


理事 山本 知仁(会誌)
1998年東京工業大学工学部電気電子工学科卒業、2004年同大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻博士後期課程修了。博士(工学)。2004年金沢工業大学工学部情報工学科講師、同准教授を経て、2016年同教授、現在に至る。主にコミュニケーション時の身体動作の解析、教育ビッグデータの解析、モバイル端末による3次元ディスプレイシステムの研究に従事。本学会理事(2019-2022)、岩手大学客員教授(2023-)。


理事 加藤 博一(論文誌)
1986年大阪大学基礎工学部制御工学科卒業。1988年同大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。博士(工学)。1989年大阪大学助手、1996年同講師。1998年ワシントン大学HI技術研究所客員研究員。1999年広島市立大学情報科学部助教授。2003年大阪大学大学院基礎工学研究科助教授。2007年奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授。2018年同大学先端科学技術研究科教授。2023年同大学理事・副学長、現在に至る。拡張現実感、三次元ユーザインタフェース、画像計測技術のHI応用に関する研究・教育に従事。


理事 雨宮 智浩(論文誌)
2002年東京大学工学部機械情報工学科卒業、2004年同大学大学院情報理工学系研究科修士課程修了、2004〜2019年日本電信電話(株)勤務。2014〜2015年英国UCL客員研究員を経て、2019年東京大学大学院情報理工学系研究科准教授、2023年より東京大学情報基盤センター教授、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター教授(兼務)、現在に至る。人間の知覚特性や錯覚を利用した力触覚インタフェース、身体性や身体認知に関する研究、VRやアバタによる教育訓練に関する研究等に従事。博士(情報科学)。日本バーチャルリアリティ学会理事、本学会理事などを歴任。


理事 河野 純大(研究会)
1996年京都工芸繊維大学工芸学部電子情報校学科卒業。2002年同大学大学院工芸科学研究科情報・生産科学専攻修了。博士(学術)。2002年、筑波技術短期大学聴覚部電子情報学科助手、現在、筑波技術大学産業技術学部総合デザイン学科准教授。遠隔手話通訳システム、遠隔文字通訳システムなど、主に聴覚障害者向けの情報保障や福祉上工学の研究に従事。ライフサポート学会、特殊教育学会などの会員。本学会、電子広報委員、学会誌委員、論文誌委員、評議員、理事などを歴任。


理事 谷川 由紀子(研究会)
東北大学文学部卒。NECにて教育システムの研究開発、ユーザビリティ・UX向上支援技術の研究開発、新事業・サービス企画、デザインリサーチに従事。2020年1月より、国立研究開発法人理化学研究所革新知能統合研究センター客員研究員、UX向上に携わるシステム設計者の認知・組織文化の研究に従事。日本教育工学会、日本認知科学会、日本認知心理学会、情報処理学会会員。


理事 赤津 裕子(国際リエゾン)
1991年、株式会社トミー(現タカラトミー)に入社。玩具、ベビー商品の企画開発に従事。2002年法政大学大学院社会科学研究科修士課程修了。高齢者の使いやすさ研究に従事。2002年、沖電気工業株式会社に入社。高齢者配慮の銀行ATM、券売機などの公共システム、複合機、コミュニケーションシステム等のインタフェースに関する研究開発に従事し、現在に至る。2009年、早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了。工学博士。ヒューマンインタフェース学会、日本人間工学会、情報処理学会、日本認知科学会、経営工学会会員。本学会UXSD研究会幹事、人間工学会編集員等を務めた。


理事 岡 耕平(国際リエゾン)
2001年大阪教育大学教育学部教養学科卒業。2007年大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程を単位取得退学。2009年博士(人間科学)。2006年より日本学術振興会特別研究員。2007年から2011年まで東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野特任助教。2011年滋慶医療科学大学院大学助教。2013年同大学講師。2016年同大学准教授。2023年滋慶医療科学大学大学院教授、現在に至る。知的障害のある人のガイドヘルパー、小規模作業所での作業支援、職場内での就労支援コーディネートの経験をもとに、障害により困難をかかえた人の学習・就労を支援についてテクノロジーの活用や環境調整による具体的な支援方法とその効果について研究。また、認知心理学を背景として医療安全について研究。教育・福祉・医療の複合領域で生じる社会的課題の解決のための研究に従事。大阪大学キャンパスライフ健康支援・相談センター招へい教員(2014年から現在)。大阪府教育庁高等学校支援教育力充実事業「専門家チーム」構成員(2020年から現在)。


理事 上杉 繁(電子広報)
1999年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。博士(工学)。2007年同大学理工学術院専任講師、2008年同准教授、2014年より同教授。道具・機械システムによる人間の経験拡張、技能構築、動作支援に関する、人間―技術関係性のデザイン論の教育・研究に従事。


理事 大林 史明(電子広報 兼 選挙管理)
1996年京都大学工学部電子工学科卒業。2001年京都大学大学院エネルギー科学研究科博士課程終了。博士(エネルギー科学)。2001年松下電工(株)入社。現在、パナソニック(株)。2012年より京都大学大学院エネルギー科学研究科非常勤講師。知的生産性や知的集中、室内環境制御等の研究に従事。


監事 大久保 雅史
1985年大阪大学工学部卒業。1990年同大学院博士課程単位取得退学。1991年大阪大学溶接工学研究所助手。1993-1994年U.C.at Berkeley客員研究員。1995年岡山県立大学情報工学部講師、1997年同助教授。2004年同志社大学工学部(現理工学部)教授、現在に至る。博士(工学)。2014-2017年度本学会理事。2017年度日本機械学会設計工学・システム部門部門長。主として(遠隔)コミュニケーション、コラボレーションの解析および支援システムの開発に従事。


監事 高橋 信
1986年東北大学工学部原子核工学科卒業。1991年東北大学工学研究科原子工学専攻博士課程修了。工学博士。1992年京都大学原子エネルギー研究所助手。1996年東北大学大学院工学研究科量子エネルギー工学専攻助手、2000年同准教授、2002年4月東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻准教授、2012年8月同教授、現在に至る。大規模システムの安全、ヒューマンインタフェース設計と評価、航空システムのヒューマンファクター、脳機能イメージングの工学応用に関する研究に従事。原子力学会理事(2013-2018)。技術研究組合制御システムセキュリティセンター多賀城本部長、京都大学客員教授(2016-2017)。青森県六ヶ所村応援大使。

 


過去の役員

2023年度の役員等一覧

2022年度の役員等一覧

2021年度の役員等一覧

2020年度の役員等一覧

2019年度の役員等一覧

学会案内

PAGETOP
Copyright © ヒューマンインタフェース学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.