MENU

安全管理支援技術専門研究委員会 (SIGMAS)[常設]

研究会の設立趣旨および概要

本専門研究会(Special Iinterest Group for MAnagement for Safety: SIGMAS)は,高度な安全性を要求される分野における安全管理支援技術およびこれに関するヒューマンファクターを扱うものです.多様な産業領域および学術分野から参加者を募って議論を行い,その知見を現場に反映させて安全性の向上に寄与することを目的とします.この目的のために,本会は,その英語名が示す通り,支援技術の開発・評価のみならず,安全に関するヒューマンファクター,組織あるいは個人のマネジメント,企業や公共団体のガバナンスまで含めて包括的に支援技術との関係性について議論します.
大学,企業,公的機関の研究者・実務家を交えた研究報告および事例報告を行う研究会,セミナー,談話会等を開催して,学術の知と現場の知を積極的に交換・議論します.そして,意見交換や議論を通して得られた現場の安全性の向上に関する知見を体系化して,社会に発信することを目指します .


研究会の予定


研究会運営委員

委員長:五福明夫(岡山大学)
副委員長:高橋信(東北大学)
幹事:狩川大輔(東北大学),藤野秀則(福井県立大学)

運営委員(五十音順):
石井裕剛(京都大学),大井忠(三菱電機),
柏良輔(横河電機),北村正晴(テムス研究所/東北大学名誉教授),
椹木哲夫(京都大学),下田宏(京都大学)

PAGETOP
Copyright © ヒューマンインタフェース学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.