MENU

第101回HI学会理事会議事録

基本情報

  • 開催日:2019年5月24日(金)
  • 時間:13:00-16:30
  • 会場:同志社大学 東京サテライトキャンパス
  • 出席者:下田,藤田,大久保,狩川,坂本,葛岡,石井,大林,谷川,井野,小林(記)【遠隔】高橋,伊藤,竹内,山本,渋谷
  • 欠席者:伊藤(雄),木村,伊藤(潤),雨宮,福住

配布資料

  • 1-1_第100回理事会議事録(案).docx
  • 1-2_2019年通常総会議事録(案).docx
  • 1-3_新規入会・退会会員.pdf
  • 2-1-1_2019年度役員選挙の進め方(案).pdf
  • 2-1-2_HI役員推薦2020.pdf
  • 2-1-3_役員候補者推薦書(案).pdf
  • 2-2_HI2019について.pdf
  • 2-3_HI学会監修名目の使用について.pdf
  • 3-1_メール審議結果20190514.pdf
  • 3-3_会計報告.pdf
  • 3-4-1_sadoku190520.pdf
  • 3-4-2_tokusyu_jyoukyou190520.pdf
  • 3-4-3_論文誌編集委員会提案事項R1.05.24.pdf
  • 3-5_研究会運営委員会報告_2019-05-24.pdf
  • 3-6_シンポジウム委員会報告.pdf
  • 3-7-1_21-2INDEX.pdf
  • 3-7-2_21-3kouseian.pdf
  • 3-7-3_予告:シンポジウム報告の見直しについて.pdf
  • 3-8-1_2019年度HI学会IWebサーバ契約書.pdf
  • 3-9_国際リエゾン_2019年度活動計画.pdf
  • 3-10-1_将来構想WG令和元年度第1回開催報告.pdf
  • 3-10-2_【別紙】将来構想WG令和元年度第1回議事メモ(20190514).pdf
  • 4-1_今年度の会議日程,次回理事会の会場について.pdf

議案

1. 承認事項

1-1 第100回理事会議事録確認(総務)

資料に基づき議事録の確認が行われ,承認された(資料1-1).

1-2 2019年度通常総会議事録確認(総務)

資料に基づき議事録の確認が行われ,承認された(資料1-2).

1-3 新規入会・退会会員(総務)

事務局より,資料に基づき説明が行われた(資料2-2).

2. 審議事項

2-1 2020年度役員選挙の進め方

大久保副会長から,資料に基づき説明が行われた(資料2-1-1~2-1-3).

2-2 HI2019について

大久保副会長(HI2019大会長)から,資料に基づいて説明があり(資料2-2),9月4日の午後に実施する特別講演の内容および講演を一般公開とすることが承認された.

2-3 HI学会監修名目の使用について

藤田副会長,渋谷監事による「(情報系学生のための)ヒューマンインタフェース」発刊にあたり,資料に基づいて説明が行われ,一部確認事項を追加の上,承認された(資料2-3).

2-4 「若手卓越研究賞」の創設について(論文誌)

資料に基づき,高橋論文誌担当理事から説明があった(資料3-4-3).審議の結果,提案通り学会からの賞ではなく,論文誌委員会からの賞とすることが承認された.また,共著者に若手の条件に合致する者が居た場合は,その共著者も表彰することとなった.

2-5 2018年度度第2回評議員会で頂いたご意見等について(総務)

狩川総務担当理事から,2018年度度第2回評議員会において以下のご意見を頂いたことが報告された.
[1] 繰り越し金額についての確認
[2] 論文誌が紙媒体から電子媒体になったため投稿費の変更を検討してはどうか
[1]については回答した旨報告された.[2]については,今後将来構想WGなどで引き続き検討していくこととなった.

3. 報告事項

3-1 メール審議結果報告(総務)

狩川総務担当理事より,資料に基づき報告がなされた(資料3-1).

3-2 日本学術振興会 育志賞 候補者推薦手続き結果報告(総務)

狩川総務担当理事より,候補者推薦についてメーリングリストで募集をかけたが,応募がなかった旨報告があった.

3-3 会計報告(財務)

財務担当理事が欠席のため,資料に基づき事務局から報告があった(資料3-3).

3-4 査読状況,特集号状況,委員会報告(論文誌)

資料に基づき,高橋論文誌担当理事から報告があった(資料3-4-1~3-4-3).

3-5 2019年度研究会計画と実績報告(研究会)

資料に基づき,伊藤研究会担当理事から報告があった(資料3-5).特に第163回のステップアップキャンプについては合宿による効果などの詳細が報告された.

3-6 シンポジウム委員会からの報告

資料に基づき,藤田副会長から報告がなされた(資料3-6).

3-7 学会誌構成案(学会誌)

会誌担当理事が欠席のため,狩川総務担当理事から資料に基づき現状が報告された(資料3-7-1~3-7-2).また,シンポジウム報告を見直して簡略化することが提案された(資料3-7-3).審議の結果,詳細な報告は電子広報委員会がホームページにアップロードすることと,大会長による報告は紙媒体の学会誌にも掲載されることが確認された.

3-8 電子広報からの報告(電子広報)

資料に基づき,竹内・山本両電子広報担当理事から契約についての報告がなされた(資料3-8-1).

3-9 国際リエゾンからの報告(国際リエゾン)

資料に基づき,谷川国際リエゾン担当理事から報告があった(資料3-9).

3-10 各WGからの報告(倫理WG, WebリニューアルWG, 将来構想WG)

WebリニューアルWGについて:下田会長からテストサーバでの状況について説明がなされ,シンポジウムでの公開を目指して作成中であることが伝えられた.
将来構想WGについて:資料に基づき坂本総務担当理事から,総務財務委員会の終了後にネット会議の場を持ち,問題が共有された旨報告された(資料3-10-1~3-10-2).
倫理WGについて:坂本総務担当理事から,WGメンバーが集まり,シンポジウムでのワークショップ企画の打ち合わせが進められている旨報告があった.
20周年WGについて:メンタリングセッションが20周年企画の一部として位置づけられていること,今後コスト削減を検討していくことについて確認された.

4. その他

4-1 今年度の会議日程,次回理事会の会場について(総務)

狩川総務担当理事から,資料に基づき今年度の会議や次回理事会の日程と場所について確認された(資料4-1).
以上

PAGETOP
Copyright © ヒューマンインタフェース学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.