プログラム  電子閲覧サービス

主催ヒューマンインタフェース学会 アクセシブル・インタフェース研究会 SIGACI
連催・共催・併催連催:電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)
(プログラムを同一とし,双方の発表論文が双方の研究報告集に掲載されます.)
共催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所
併催:感覚代行シンポジウム(2~3日)、交通エコモ財団イベント(6日)※諸費用等別
開催日2020年 12月9日(水)~ 10日(木)
※申込件数によっては9日のみとなります。
会場zoomによるオンライン開催(電子会議システム) 
内容第180回研究会は、「個々のニーズに立脚した高齢者・障害者支援技術および一般」をテーマとして開催いたします。
 高齢者・障害者の支援技術の研究開発には、対象となる方々のニーズを的確に捉えて方向性を定めるスタンスが重要です。この基本に立ち返り、様々な状況における固有ニーズやその解決方法について議論する場となることを期待し、今年も上記テーマでの研究会を企画いたしました。
 まだ研究がスタートしたばかり、アイディアレベルで結果を得るのはこれから、という発表も歓迎します。学生さんの参加も大歓迎です。ご応募をお待ちしております。また、今回のテーマに限らず、広く一般の題目でのご応募もお待ちしています。
 本研究会は、第109回電子情報通信学会福祉情報工学研究会(WIT)と連催です。プログラムを同一とし、双方の発表論文が双方の研究報告集(研究会報)に掲載されます。
申し込み方法

受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。ヒューマンインタフェース学会の「研究会 講演申し込み」のページをご参照下さい。
受理された講演には申込締切後、1週間程度で原稿作成に関する連絡をさせていただきます。

原稿のページ数10ページ以下の偶数ページ
問い合わせ先学会事務局 研究会担当(his-meeting【at】his.gr.jp)もしくは
SIGACI幹事(koba 【at】 cs.k.tsukuba-tech.ac.jp)まで
参加費研究報告集年間購読登録者は無料。
購読登録されていない方は、有償(1,000円)にて予稿集を購入いただけます(購入システムとしてPeatixを予定しています)。
年間購読非登録の場合、一般 1000円、学生 500円。
(※参加費は1日単位となります)
申込締切2020年 10月 7日(水)
原稿締切2020年 11月 9日(月)

プログラム(準備中)